危険ごみ(スプレー缶、カセットボンベ類)の出し方

  1. 出し方の手順
  2. 対象になる物
  3. 出し方における注意事項(お願い)
  4. 南但クリーンセンターにおける処理

【お知らせ】
 平成28年4月1日より、爆発や火災の危険性があるもの、水銀を含むもので、家庭から出される
 (1)ガス缶類、(2)石油ストーブ類、(3)ライター、(4)乾電池、(5)水銀体温計、(6)蛍光管
 の6品目を「危険ごみ」として指定し、分別回収を行ないます。

1.出し方の手順

  • 必ず、スプレー缶、カセットボンベ類の中身を使い切ってください。

  • スプレー缶、カセットボンベ類の中身を空にする方法について(※参考にしてください。)
     ①ガス抜きキャップが装着されている商品
      商品に記載されている使用説明を必ずご覧いただき、火の気のない風通しの良い屋外で、
      確実に中身を空にしてください。
     ②ガス抜きキャップが装着されていない商品
      火の気のない風通しの良い屋外において、必ず専用器具を使用し、複数の穴を空けて
      ください。専用器具は、ホームセンター等で購入してください。

  • 指定された集積場所の回収かごにバラで出してください。

  • 危険ごみは、6品目別に分別してカゴに入れてください。

  • 「中身が使い切れない場合」「安全に穴をあけれない場合」には、 南但クリーンセンターにご相談ください。又は、南但クリーンセンターに直接ご持参ください。

2.対象になる物

  • スプレー缶・カセットボンベ類 
  • 可燃性ガスを使用している全ての缶類が対象です。

3.出し方における注意事項(お願い)

  • 可燃性ガスによる走行中の車輌火災、施設内での火災・爆発を防ぐため、必ず「危険ごみ」に出してください。

4.南但クリーンセンターにおける処理

  • 計量後、リサイクルセンターへ搬入します。 
  • 搬入された全ての缶について、穴が開いているか目視確認を行ないます。
  • ガス抜き確認後の缶は、施設内の「不燃ごみ」処理ラインの回転式破砕機で破砕を行います。
  • 磁選機、粒度選別機、アルミ選別機、鉄類風力選別機により、機械的に分別します。
  • 「鉄屑」「アルミ屑」は、分別後、場外へ搬出し資源化されます。 
 
(施設内の受入)