危険ごみ(石油ストーブ・ファンヒーター)の出し方

  1. 出し方の手順
  2. 対象になる物
  3. 出し方における注意事項(お願い)
  4. 南但クリーンセンターにおける処理

【お知らせ】
 平成28年4月1日より、爆発や火災の危険性があるもの、水銀を含むもので、家庭から出される
 (1)ガス缶類、(2)石油ストーブ類、(3)ライター、(4)乾電池、(5)水銀体温計、(6)蛍光管
 の6品目を「危険ごみ」として指定し、分別回収を行ないます。

1.出し方の手順

  • 本体の受け皿部の灯油は、安全なところで石油ストーブ、ファンヒーターで完全に燃焼させてください。
  • 排出時は、給油タンク取り外し、給油キャップを外してください。
     ※石油の空確認のため
  • 点火用の乾電池が入っている場合は必ず外し「危険ごみ:乾電池」で排出してください。
     ※作業時に誤作動により点火用火花が発生するのを防ぐため
  • 指定された集積場所において、安全な状態に整理して出してください。 

2.対象になる物

  • 石油ストーブ・ファンヒーター 
  • 石油を使用している暖房器具

3.出し方における注意事項(お願い)

  • 石油による走行中の車輌火災を防ぐため、必ず「危険ごみ」に出してください。

4.南但クリーンセンターにおける処理

  • 計量後、リサイクルセンターへ搬入します。 
  • 搬入された全ての石油ストーブ・ファンヒーターについて、灯油の残確認を行ないます。
  • 大型の石油ストーブは、手分解処理の補助作業を行います。
  • 灯油の空確認後は、施設内の「不燃ごみ」処理ラインの回転式破砕機で破砕を行います。
  • 磁選機、粒度選別機、アルミ選別機、鉄類風力選別機により、機械的に分別します。
  • 「鉄屑」「アルミ屑」は、分別後、場外へ搬出し資源化されます。