危険ごみ(乾電池)の出し方

  1. 出し方の手順
  2. 対象になる物
  3. 南但クリーンセンターにおける処理
  4. 関係情報について

【お知らせ】
 平成28年4月1日より、爆発や火災の危険性があるもの、水銀を含むもので、家庭から出される
 (1)ガス缶類、(2)石油ストーブ類、(3)ライター、(4)乾電池、(5)水銀体温計、(6)蛍光管
 の6品目を「危険ごみ」として指定し、分別回収を行ないます。

1.出し方の手順

  • 指定された集積場所の回収かごに、透明のビニール袋に入れバラで出してください。

  • 危険ごみは、6品目別に分別してカゴに入れてください。

  •  
  • 小型充電式電池(充電して繰り返し使えるタイプ)について
     ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの小型充電式電池には、リサイクルマークが付けられています。 マークのついた電池を処分するときは、回収協力店などに設置してある「小型充電式電池リサイクルボックス」に入れてください。

  •  
  • ボタン電池について
     ボタン電池を処分するときは、回収協力店などに設置してある「ボタン電池回収缶」に入れてください。

2.対象になる物

  • 乾電池 
     アルカリ乾電池、マンガン乾電池、リチウム電池、ボタン電池、コイン電池、充電池
     単1型~単4型乾電池 など

3.南但クリーンセンターにおける処理

  • 計量後、ストックヤード棟で電池用専用缶に保管します。
  • 専門処理業者に処理を委託します。
   
(施設内の受入)   (専用缶で保管)  

4.関係情報について (※各HPにリンクします。) 協力店が検索できます。