大型ごみ(計画収集)の出し方

  1. 大型ごみとは
  2. 出し方の手順
  3. 大型ごみ指定シールを貼らない場合
  4. 南但クリーンセンターにおける処理
  5. 大型ごみリサイクル活動の紹介

1.大型ごみとは

  • 燃える素材の物は、指定ごみ袋に入らない大きさの物(水道ホース、ロープ等の長尺物は1m以上の物)、不燃性の物は、50cm×50cm×100cmの大きさをこえる物です。
  • 大型ごみは有料となります。
燃える素材の大型ごみ  不燃性の大型ごみ 
 ・指定ごみ袋(大袋:幅65cm×全長85cm)に入らない大きさの物。
・水道ホース、ロープ等の長尺物で長さが1m以上ある物。(選別機巻付防止の為)

※指定袋に入る大きさに(水道ホース、ロープ等の長尺物は1m未満に)安全に分解、切断すれば「燃やすごみ」に出せます。
 ・「不燃ごみ」のうち、外形寸法が、50cm×50cm×100cmの大きさをこえる物。

※50cm×50cm×100cm以内の大きさに安全に分解・切断すれば「不燃ごみ」に出せます。
 (例)タンス、机、ソファー、本棚、ベッド、食器棚、ふとん、 カーペット、カーテン、毛布、じゅうたん、こたつ布団、寝袋、ブルーシート、魚網、海苔網、蚊帳、水道ホース、ロープなど   (例)車椅子、自転車、スチール製整理棚、電気器具類、鏡台、 金庫(20kgまで)、アルミ戸、脚立、スキー板、スノーボード、電気マッサージ機 など
  • 折り畳む場合(ふとん等)
    100cm×70cm×高さ40cm以内の大きさにひもで十文字にくくってください。
    又は、80cm×80cm×高さ40cm以内の大きさにひもで十文字にくくってください。
    ふとんと衣類等を混合しないでください。 
  • 折り畳めない場合(カーペット等)
    折り畳むことができない場合は、1枚1巻きとして、ひもでくくってください。 
  • 水道ホース、ロープ等の長尺物
    (選別機巻付防止の為)1m未満に切断して「燃やすごみ」へ。切断できないときは、巻いてくくってください。 

2.出し方の手順

  • 「家庭ごみの分別とリサイクルの手引き」大型ごみ品目を確認してください。
  • (一点ごとに)必要な枚数の大型ごみ指定シールを購入してください。
     (大型ごみ指定シールは市内の小売店で販売しています。)
  • 品目、氏名を記入して、見やすいところに必要な枚数を貼ってください。
  • 大型ごみの日に、地域の決められた場所に出してください。
  • 一時多量ごみ(引っ越しごみ等)については、直接、南但クリーンセンターに持込んでください。
 項 目 手数料   シール
枚数
 品目例
 特に処理に手間がかかる物
(新しい物を購入したときに業者に処理を
依頼すべき物) 特に大きい物
 900円  3枚  プリング入りマットレス、
ベッド類(ベビーベッドを除く)、
3人掛け以上のソファー、
椅子式電気マッサージ機、
畳など
 特に大きい物  高さ+幅+奥行の3辺の
長さの合計が、3m以上の物
 600円  2枚  家具類、下駄箱、食器棚、チール整理棚、タンス、本棚、ロッカーなど
 上記以外の物  高さ+幅+奥行の3辺の
長さの合計が、3m未満の物
 300円  1枚
  • 大型ごみを安全に分解・切断して出す場合、1束は同一品目一点に限ります。
  • 「特に大きい物」(600円)を安全に分解・切断すれば「上記以外の物」(300円)に出来ます。

3.次の場合、大型ごみ指定シールを貼らないでください

  • 大型ごみを南但クリーンセンターに直接搬入する場合
  • 南但クリーンセンターに大型ごみ(戸別収集)を依頼する場合

4.南但クリーンセンターにおける処理

  • 可燃性の大型ごみは、高効率原燃料回収施設に搬入され、大型ごみ用切断機により切断され、熱回収設備ごみピッドへ投入され、焼却処理されます。 
  • 不燃性の大型ごみは、リサイクルセンターに搬入され、不燃ごみ処理ラインにより破砕処理後、資源回収を行ないます。

5.大型ごみリサイクル活動の紹介

  • 大型家具類で、リサイクル可能の物は南但クリーンセンター内のリサイルプラザで希望者に無料譲渡(抽選)しています。
  • 家具類は、解体して木材部分を分別し、場外の木くず処理施設に委託し、木材チップにして再生利用されています。
  • 布団は、県内のNPO法人(特定非営利活動法人)に譲渡した後、NPO法人においてリサイクルされています。