農業用廃プラスチックの廃棄処分について

1.農業用廃プラスチックの廃棄処分について

  • 農業において不要となった農業用廃プラスチックは産業廃棄物に指定されているため、南但クリーンセンターでは処分できません。
     〇農業用ビニール、ハウス天井使用ビニール、ハウス下敷使用ビニール
     〇あぜシート、畦ナミ、畦シート
     〇マルチ資材、ビニール、肥料袋、トンネル用ポリ、農POフィルム
     〇水稲育苗箱、野菜等苗箱
     〇使用済農薬プラボトル など

  • 農業用廃プラスチックについては、次の関係者等に協議し、適正に処理を委託してください。
     〇産業廃棄物処理業者
     〇南但農業用廃プラスチック適正処理対策協議会
      お問い合わせ先 : たじま農業協同組合、各営農生活センター 
       ※毎年3月頃にJAにおいて農業用廃プラの回収事業を行なっています。
       ※詳細は、JAに直接お問い合わせください。

  • 処理重量等により処理料金が必要となります。
    農業事業者で負担してください。

  • 廃プラスチックを不法投棄や野焼きした場合「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定により、罰せられる場合があります。