事業系一般廃棄物の少量ごみの取り扱いについて

  1. 事業系一般廃棄物の少量ごみの取扱いについて
  2. 少量排出事業者における排出時の遵守事項等について
  3. 南但広域行政事務組合の例規について

1.事業系一般廃棄物の少量ごみの取扱いについて

  • 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならないと規定されています。(廃棄物処理法第3条)

  • 組合では、事業系一般廃棄物の排出量が、次の各項目を全て満たす場合を「少量」と規定しています。
       (1) 容量が、1回当たりの総排出量が指定袋(大袋、概ね45リットル)1枚に入ること。
       (2) 重量が、1回当たりの総排出重量が6キログラム以下であること。
    1回当たりの事業系一般廃棄物の総排出量が少量の場合の事業者を「少量排出事業者」としています。

  • 少量排出事業者においては、家庭系廃棄物の集積場所として定められたごみステーションの管理者の承諾があった場合のみ、 当該ごみステーションに排出し、組合の家庭系廃棄物の計画収集に併せて収集を受けることができるものとしています。

  • 承諾がない場合は、事業者自ら南但クリーンセンターへ持込んでいただくか、一般廃棄物収集運搬業者に収集運搬を委託してください。

2.少量排出事業者における排出時の遵守事項等について

  • 排出しようとするごみステーション管理者(区長・衛生委員など)の承諾を必ず受けてください。
    承諾がないと出せません。

  • 承諾を受けた後は、地区の排出ルールに基づき、指定されたごみステーションに必ず排出してください。 他のごみステーションには排出すことはできません。
    (※各ごみステーションは、使用している関係区等において、設置費及び補修費の一部を負担するとともに、 施設及び周辺場所について定期的に清掃作業等を行なっています。)

  • 排出するときは一般廃棄物処理計画に従い、当該事業系一般廃棄物を適正に分別してください。
    家庭系廃棄物と同様、収集カレンダーの指定日以外には出せません。

  • 少量排出事業者が条例及び組合管理者の定めに違反したと認めるときは、当該廃棄物の収集業務を行ないません。 排出された少量排出事業者で処分をしていただくことになります。

  • 各地区で定めた排出ルールに従わない状態、又は組合の各規定に違反した状態で、ごみステーションに排出されたときは、排出された物が 「不法投棄物」として取り扱われ、廃棄物処理法の規定により罰則の対象となる場合がありますのでご注意ください。(法第16条、第25条参照)

3.南但広域行政事務組合の例規について(抜粋)

〇南但広域行政事務組合 廃棄物の処理及び清掃に関する条例

(事業系一般廃棄物の処理)
第11条 事業者は、事業系一般廃棄物を生活環境の保全上支障のない方法で容易に処分するこ
 とができるものは自らの責任において適正に処分しなければならない。
2 事業者は、事業系一般廃棄物を自ら運搬せず、又は処分しない場合は、一般廃棄物処理業
 の許可を受けた者に、収集、運搬、再生又は処分を委託しなければならない。ただし、事業
 系一般廃棄物が少量の場合はこの限りではない。
3 事業者は、自ら処分できない事業系一般廃棄物を組合の処理施設に持込みしようとする場
 合は、一般廃棄物処理計画に従い当該事業系一般廃棄物を適正に分別しなければならない。

〇南但広域行政事務組合 廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

(少量排出事業者)
第7条 条例第11条第2項に規定する事業系一般廃棄物が少量の場合とは、次の各号の要件を
 全て満たす量及び重量とする。
  (1) 容量が、1回当たりの総排出量が指定袋(大袋、概ね45リットル)1枚に入ること。
  (2) 重量が、1回当たりの総排出重量が6キログラム以下であること。
2 少量排出事業者とは1回当たりの事業系一般廃棄物の総排出量が前項で定める量以下の量
 を排出する事業者をいう。
3 少量排出事業者は、第1項に定める少量の事業系一般廃棄物を家庭系廃棄物の計画収集に
 併せて収集を受けることができる。この場合において事業者は、管理者が別に定める方法等に
 よらなければこれを排出してはならない。